Top > 尾瀬 > 尾瀬の様子/2009年 > 5月29日尾瀬ヶ原。見晴~東電小屋~鳩待峠

5月29日尾瀬ヶ原。見晴~東電小屋~鳩待峠

2009年、5月29日。

その3。

 

見晴~ヨシッ堀田代~鳩待峠。

タテヤマリンドウ

タテヤマリンドウのアップ。

人通りも少ないし、木道が低いので写真が撮り易い。

 

シカの食害

シカの食害の跡。

上田代に比べて、こちら側は圧倒的に被害が大きいです。

 

下田代木道。

もうすぐ、東電尾瀬橋と赤田代の分岐。

盆地になっている尾瀬ヶ原の唯一の切れ間が見えてきます。

 

分岐点

分岐点。

 

市も田代木道2

東電尾瀬橋に向けて歩く。

至仏山がもうほとんど雲に隠れてます。

早く帰らないと雨に降られそうですね。

 

カワゲラ

カワゲラの仲間が足に這い上がってきました。

つい3週間前には、至仏山で雪の上のセッケイカワゲラを見ていたのに、季節の移り変わりは早いですね。

 

クマ棚

只見川の拠水林にて熊棚。

数が物凄く多いです。

 

只見川

只見川と東電尾瀬橋。

新築されてからは始めて来ました。

 

新潟県

ここは新潟県。

今日一日で群馬~福島~新潟~群馬の移動です。

ミズバショウとリュウキンカの並列が綺麗ですね。

 

ザゼンソウ

ここのザゼンソウも霜でやられてました。

 

ネコノメソウ

ユキノシタ科、ネコノメソウ。

お客さんに「この花なんですか?」と聞かれることはまず無い花です。

 

 

 

コミヤマカタバミ

山道に入ってコミヤマカタバミ。

鳩待峠ではまだツボミでしたが、気温の高いこちら側ではもう咲いてます。

 

東電小屋

東電小屋を抜けてヨシッ堀田代へ。

東電小屋ではミネザクラが満開でした。

 

リュウキンカとミズバショウ

リュウキンカとミズバショウ。

 

 

東電小屋その2

東電小屋。

こうやってみると、普通の旅館みたいに見えますね。

周りの木々が、庭木のように綺麗に揃ってます。

昔、同級生がアルバイトで働いてたことがありますが、その頃はいかにも山小屋っていう見た目でした。

 

景鶴山

景鶴山。

 

 

ヨッピ吊橋

ヨッピ吊橋。

 

ミノムシ

ミノムシ。

木道の上を一生懸命歩いてました。

近くにたかれそうな木はまったくありませんでしたけど、どこから来てどこを目指してるのか。

ミノムシの足で次の木がある所までたどり着けるのか。

 

中田代と牛首

ヨッピから牛首分岐に向かう木道も、すこしずつ整備されてます。

 

牛首

牛首までもう少し。

至仏山を見ると、雨に降られてそうです。

 

至仏山

上田代まで戻ってきました。

 

ザセンソウとハエ

山の鼻に戻って、一ヶ所だけザゼンソウが咲いているところ。

ここのは霜にやられなかったようです。

 

ハエを媒介に選んでるだけあって、ハエがこのむ臭いです。

ハエがたかってますね。

 

山の鼻を抜けて鳩待峠への道中。

コヨウラクツツジ

コヨウラクツツジ。

まだ咲ききていないので、ツボミの方が多いです。

 

ウスバサイシン

ウスバサイシン(ウマノスズクサ科)。

鳩待峠近くのブナの根元の苔むしたところに咲いてました。

花が落ち葉で隠れて見えないことが多いんですが、これなら目立ちますね。

 

最後少し霧雨に降られましたが、心配したほど天気が崩れずに良かったです。

今年は雪解けが早く、気温も高かったので例年より花期が早いです。

霜にやられて花の数は減っているようですが。

 

尾瀬

群馬県尾瀬のハイキングのご案内。ハッピーアウトドア。尾瀬ヶ原、アヤメ平、尾瀬沼、至仏山のガイドツアー。

尾瀬の様子/2009年

尾瀬の様子、風景、レポートなどの2009年度版。群馬県水上町のハッピーアウトドアの尾瀬レポート平成21年度版です。