Top > 尾瀬 > 尾瀬の様子/2008年 > 2008年10月16日。至仏山

2008年10月16日。至仏山

10月16日。

朝から快晴。

 

夜間、テント内が物凄い寒いと思ったら、霜が大量に降りてました。

霜の上田代

霜の降りた尾瀬ヶ原。

夜間にマイナス3.8度まで下がったようです。

 

霜の尾瀬ヶ原

霜の降りた木道と植物。

 

ススキ

ススキも真っ白。

 

池塘

池塘に浮かんだ枯葉や、泡さえもピクリとも動きません。

低温のためにブラウン運動もゼロか?

風も無いし、いい写真が撮れそうです。

しかし、寒い。

手袋をしてるのに手は冷たいし、頬は霜焼けになりそう。

 

初冬並の装備だったのでまだ良かったですが、ここまで冷え込むとは予想外でした。

 

朝もやの牛首

牛首近辺から朝もやが立ってます。

 

逆さ燧の池塘。

逆さ燧

さざなみが立ちやすい池塘が、鏡のようになってます。

 

至仏山

至仏山は朝日を浴びて、霜も溶けてます。

登るのには問題なさそう。

 

オコジョ

山の鼻に戻る入り口でオコジョ発見。

 

オコジョ発見証明書

朝ご飯を食べた後、証明書をもらいました。

 

登山前

至仏山登頂開始。

もう、暑いくらいです。

 

森林限界

森林限界を超えた辺り。

この辺まで来ると、歩くペースがつかめるので楽になります。

私はスロースターターなので、それまでは歩きながら結構雑念が入ります。

 

さらに高度を上げて

尾瀬ヶ原

標高2000メートル付近から見た尾瀬ヶ原。

 

高天原

高天原の階段。

ここまで来る間に、降りてくる人が5人ほどいました。

 

オコジョのふん

オコジョのふん。

うんちよりもタネの方が大きいくらいですね。

 

小至仏

小至仏が低い位置に見える。

山頂までもうちょっとです。

 

至仏山頂

山頂到着。

平日ですが、結構な人がいます。

 

山頂西側から時計回りにぐるりと撮影。

朝日岳

西側、みなかみ方面。

眼下にナラマタ湖。その奥には朝日岳が見えます。

 

新潟方面

北側、新潟方面。

手前に平ヶ岳、奥には中ノ岳。

 

ちょっとだけ東方向にまわって

景鶴山

景鶴山。

 

東にまわって(真東では無いですが)。

東方面

燧ケ岳。

 

南側

南側

小至仏に、小笠、笠ヶ岳。

奥には武尊山。

 

鳩待に向けて下山。

小至仏

小至仏。

 

オヤマ沢田代。俯瞰

小至仏を抜けてオヤマ沢田代を望む。

 

笠ヶ岳・湯の小屋方面との分岐を抜けると、

オヤマ沢田代

オヤマ沢田代。

 

ここまで来れば、普通の山道。

楽なものです。

オオタチツボスミレ

鳩待の近くまで降りてくると、一輪だけオオタチツボスミレが咲いてました。

狂い先でしょうか。

よく今朝方の霜でやられなかったものです。

それとも今朝の霜の後の好天で春が来たのと勘違いした咲きか?

 

鳩待峠

鳩待峠到着。

今年は尾瀬は今日が最後になるかもしれないですが、最終日がいいお天気でよかったです。

 

尾瀬

群馬県尾瀬のハイキングのご案内。ハッピーアウトドア。尾瀬ヶ原、アヤメ平、尾瀬沼、至仏山のガイドツアー。

尾瀬の様子/2008年

ハッピーアウトドアの尾瀬ハイキングツアーのサイトです。尾瀬の下見やツアー写真、レポート、情報などの2008年度のものです